デリケートゾーン石鹸

デリケートゾーンの臭いを改善する3つの方法

デリケートゾーンは下着を着用する為、また陰毛がある為に湿気やすく、
その為に雑菌が湧き易いので臭いにも繋がります。

 

デリケートゾーンの臭いに悩んでいた私は実際にいくつか方法を試してみました。
ここではその中で効果を感じた方法をお話ししたいと思います。

 

デリケートゾーン石鹸おすすめナビ 臭いの悩み解決

 

まず第一に効果的だったのは、陰毛を剃るという方法です。

陰毛がある事で熱が籠り易かったので、脱毛サロンで脱毛をして陰毛を処理する事にしました。

 

処理後のデリケートゾーンは以前よりも熱が籠りにくく、汗っぽい臭いも改善しました。

 

そして第二に効果的だったのは、下着の素材にこだわるという方法です。

 

下着の素材が通気性の悪い素材だと熱が籠り湿気易くなってしまいますが、
綿100%の素材であれば通気性も良く、熱が籠らず湿気にくくなったので、以前よりも涼しく快適な状態を保てる様になりました。

 

そして第三に効果的だったのは、ボディソープを殺菌・抗菌効果のあるデリケートゾーン石鹸にするという方法です。

 

一般的に売られているボディソープには化学的な成分が入っていたり、
良い匂いを出す為に香料を使っていたり、実に色んな成分を使用して作られています。

 

しかしデリケートゾーンの臭いを抑えるのにこういったボディソープでは効果はなく、
むしろ元々の臭いと混ざってもっと不快な臭いに変化してしまう可能性もあります。

 

私が使用しているデリケートゾーン石鹸はインターネットで購入したもので、
皮膚にある雑菌を殺菌して、同時に抗菌する効果もあるので、元々の臭いが無くしながら
臭いの原因となる雑菌を防いでくれるので臭いずらくなります。

 

また無臭タイプなので臭いが混ざる事もなく以前よりも臭いが気にならなくなりました。

 

これら3つの方法でデリケートゾーンの臭いは格段に改善しました。

女性には、おりものと言う分泌物があります。

 

これは、汗や子宮、膣の粘液が混ざり合って出来たものであり、いろんな役割を果たします。

 

例を挙げるならば、性交の際には、精子が子宮へと進むのを手助けしたり、おりものの中のデーデル桿菌と呼ばれる菌の働きなどによって、膣内の細菌感染なども予防してくれます。

 

おりものはその分泌量も変化します。

 

排卵時にはもっとも多くなり、生理直後に少なくなります。

 

おりものの形状も、水っぽいものや、白い泥状のものなど、分泌時に様々に変化します。

 

おりものの量や臭いなどは、個人差があり、女性はみんな一定だと言う訳ではありません。

 

年齢とおりもの

 

気になるおりものの臭いにはどう対処するか

 

また、加齢によってもおりものは変化し、10代から20代の若い世代の場合は、おりものの量も比較的多くなり、40代から閉経前の女性では、おりものの量もかなり少なくなります。

 

これは妊娠とも関係していると言われており、妊娠しやすい世代では、おりものもそれに伴って分泌が増えるようです。

 

このようにおりものは女性には必ずある分泌物であり、妊娠や感染予防などの働きがありますが、その反面、おりもの独自の臭いが気になると言う人も少なくありません。

 

おりものが多い場合、その臭いもきつくなったりする場合もあります。

 

それに、下着の締め付けがきつくて、肌が蒸れたりした場合や、体調不良により、膣内のデーデル桿菌が減少して、膣内の細菌が繁殖すれば、臭いやすくなります。

 

おりものの大体の臭いは、何だか酸っぱいようなものですが、これには、おりもののデーデル桿菌が関係しています。

 

デーデル桿菌は、乳酸桿菌でもあるため、ヨーグルトのような酸っぱい臭いが発生するのです。

 

けれど、中には、酸っぱい臭いではなく、明らかに臭いがきつかったりすることもあります。

 

これは、膣内の菌が繁殖しているためであり、あまりにも異臭がした場合には、抵抗力が低下している証拠であり、身体の病気などの恐れもあるため、病院に行って診てもらうようにしましょう。

 

用を足した後に紙で拭かない、何日も下着を変えないなどの行為も、膣内の細菌を増やしてしまいますので、常に膣は清潔にしておくようにしましょう。

 

体調不良などもおりものには関係しますので、食事も偏らないように、睡眠もしっかりと取り、出来るだけ規則正しく、健康的な毎日を過ごすように注意しましょう。

続きを読む≫ 2015/04/26 11:51:26

多くの女性のとって毎月くる生理は憂鬱なものなのではないでしょうか。

 

私も生理がくると憂鬱な気持ちになります。理由は生理痛などいろいろありますが、一番の悩みの種が生理中のデリケートゾーンの臭いでした

 

生理中デリケートゾーンの臭い対策

 

生理特有の生臭いような臭いがして自分でも嫌な気持ちになりますし、周りに臭いがもれていたらどうしようという心配もついてまわります。
ですからどうにかしてその臭いを改善すべく、整理中の臭い対策として有効だと言われていることを色々と試してみたので紹介しようと思います。

 

まずはこまめにナプキンを変えることです。これが当たり前のようで意外に出来ていないと思います。
最近のナプキンは給水がよく、不快感を感じるまでの時間が長いためなのではないでしょうか。

 

私自身もいつもの生理の時より意識的にナプキンを変えることで、臭いが多少軽減されたように思います。
次にデリケートゾーンがむれないような格好をすることです。ストッキングやデニムのパンツなどでむれてしまうと、臭いが発生しやすいようなのです。
ですから通気性をよい格好を心がけるようにしました。そうするとやはり汗もかきにくいのか、臭いもおさえられるように感じました。

 

最後はいつも清潔にすることです。清潔にするといっても石けんで洗いすぎることはタブーなようですが、血をこまめに洗い流すことは臭いに有効だそうです。
ですからトイレに入った時にはビデできれいに洗い流し、きれいなナプキンをするようにしたところ、臭いがだいぶとれるように感じました。

 

そして臭いが気になる前に洗い流すようにすることを続けていたら臭いの悩みからかなり解放されました。

 

このようにいくつかのことを気をつけることで、整理中のデリケートゾーンの臭いも気にならなくなると思います。逆にこれだけしても臭いがあるようならば、その時は病気の可能性も否定できないので医療機関に一度見てもらったほうが良いかもしれません。

続きを読む≫ 2015/03/07 10:29:07

デリゲートゾーンの匂いというのは、男女ともに気になるなるものですよね。

 

せっかく顔が可愛い女性なのに、いざ、となった時にそのデリケートゾーンのニオイのせいで幻滅してしまうという話もよく聞きます。

 

そもそも、デリケートゾーンのニオイというのは、どんなに清潔にしていてもなかなか取れない方もいます。

 

その理由は様々ですが、その理由は生活習慣に問題があったり、使用している石鹸が肌に合わないなど様々な理由があります。

 

石鹸でどれだけ毎日洗っていても、それが自分の肌に合うものでなければやはり効果はありません。

 

最近では、そのようなデリケートゾーンのニオイを抑える石鹸なども出ています。

 

私の場合、当時お付き合いしていた女性に、そのデリケートゾーンのニオイのせいで、幻滅したということがありました。

 

デリケートゾーンのケアでうまくいく男女の交際

 

顔はとても可愛く、性格もいいという彼女でしたが、いざそのような場合になったときに、手についたそのニオイがあまりにも強くて、幻滅したことがありました。

 

彼女自身は、そのことについてあまり自覚をしていなかったようですが、やはり他人からすると人のニオイは気になるものです。
一度シャワーを浴びるように促しましたが、そのニオイが脳裏から離れず、結局交際がうまくいかなかったがあります。
このようにせっかくの交際も、そのデリケートゾーンのニオイのせいで台無しになってしまうこともあります。

 

ですので清潔にする事はもちろん、あまりにもニオイが取れない場合などは、自身の生活環境の改善や、使用している石鹸やボディソープなどについても目を向けてみると良いでしょう。 

続きを読む≫ 2015/02/27 21:16:27

デリケートゾーンの臭いって私は大丈夫なのだろうかとかなり気になります。

 

人に嗅いでもらうわけにもいかないし、友達や家族に相談するのもちょっと気が引けます。

 

私は実はワキガで、制汗剤を何もつけないで放置しておくと
玉ねぎのみじん切りみたいな臭いがしてきます。
でも普段は制汗剤をこまめに塗ることで、臭いは抑えられています。

 

最近知ったのですが「スソワキガ」っていうのがあるみたいですね。

 

私はワキガだし、もしかしたらデリケートゾーンも臭いかもしれない…とちょっと心配になりました。

 

デリケートゾーンを触って、指のにおいを嗅いでみると鉛筆の芯のような臭いがするんです。
もしかしたら私は「スソワキガ」かも…と思っています。
他の人はこういう臭いってしないんでしょうか。

 

デリケートゾーンの鉛筆の芯みたいな臭いが指につくと、
手を洗ってもまだ臭いが付いていることがあります。
爪の奥まで相当念入りに洗わないと臭いが取れないんです。

 

ワキガなのでデリケートゾーンの臭いも心配です

 

でもさすがに服を着ている時に臭うほどではありません。
だから普段は気にならないのですが、彼氏ができた時にかなり不安になります。
「もしかしたら臭いと思われてるんじゃないかな?」
「あっちから告られたのに、すぐにフラレたのはもしかしたらデリケートゾーンの臭いのせい…?」
などと思ってしまうんです。
今までそれほど何人も経験はないですし、直接臭いと言われたことはないのですが…。

 

脇には制汗剤がありますけど、デリケートゾーンにはどんな対策をすればいいんでしょうね。
なかなか人には相談できないので困っています。

続きを読む≫ 2015/02/14 15:38:14

デリケートゾーンの臭いは、体調や環境などによって常に変化するものです。
そのため、誰でもデリケートゾーンの臭いが一度は気になったことがあるでしょう。

 

そこで、デリケートゾーンの臭い対策をいくつかお伝えしたいと思います。 

デリケートゾーン用の石鹸

 

デリケートゾーンは過度に洗い過ぎても常在菌を殺してしまい、
逆に悪影響になってしまいますが、清潔を保つことは臭い対策として欠かせません。
デリケートゾーン用の石鹸としてお勧めなのが、ジャムウソープです。

 

デリケートゾーン石鹸で臭いが気になった時の対策

 

ジャムウは、インドネシアで古くから使用されてきた天然成分のみで作られた石鹸で、非常に強力な消臭効果を発揮します。
ジャムウソープを使用して適度な洗浄を心がけることで、デリケートゾーンの臭い対策となるでしょう。

 

また、もともとデリケートゾーンは蒸れやすい場所のため臭いがきつくなる事が多いのですが、
ガードルや化学繊維の下着を使用するとよけいに群れやすくなってしまいます。
ですから、臭い対策としては下半身を締め付けることを極力避けて、また通気性の良い綿素材の下着が好ましいでしょう。

 

オリモノもデリケートゾーンの臭いの原因のひとつです。
対策としてオリモノシートを利用している人もいるかもしれませんが、その場合オリモノシートをこまめに取り替える必要があります。
長時間オリモノシートを付けっぱなしにしていると、反対に悪臭の原因となったり、蒸れやすくなってしまう可能性が非常に高くなってしまうのです。
出来れば、オリモノシートは常用するより量の多い日にのみ使い、使用する場合はこまめな交換が臭い対策へと繋がるでしょう。

 

 

個人的は、オリモノシートなどで臭いものを塞ぐよりは、デリケートゾーン石鹸で、根本的に環境を整えることをおすすめします。

 

膣内を清潔な状態にするためには、生理が終わったら洗浄をしましょう。
「酸性のおりもの」や、「残った経血」をキレイに洗いながすことで、膣内を清潔に保ち、臭いを失くす事が出来ます。

引用 http://xn--n8j792k7hcct3aeib4ztlsl.com/

 

 

続きを読む≫ 2015/02/14 15:17:14